スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えむ・えー・えぬ・しー・おー

エビちゅは☆最高


ねーエビちゅ、どうしてそんなにエッチなの?

スポンサーサイト

季節外れの怖い話

できたてほやほやの怖い話。

帰り道。木がいっぱいある歩道を通っていました。
家まで後3分で着くところです。
「さて、ブログに絵うpするかな」と思っていたそのとき。
風がファッ☆と吹いたんです。
黄色やら赤やらの枯葉がサラサラと落ちていて、秋だなー綺麗だなーと感じていました。

が、次の瞬間。

それにまぎれて黒い塊が落ちてきて、私の制服の中に入りました。
「ん?」とブラウスの中の胸元に目をうつすと・・・。



でかい羽が見えた。 


  !!?(´゜Д゜`)  
私は制服をぎゅっと掴みながら、我を忘れて自分の部屋まで猛ダッシュしました。

部屋に着き、おそるおそる釦をはずしながら中を見ると、ブラウスとスカートの間(腹部らへん)に虫がいて、ブラウスの裏にくっついていやがりました。(ありゃ蝿じゃない・・・。)
動かないので、生きてるか死んでるかもわからず、ティッシュで掴むこともできなかったし、そこで私が考えたのは「とりあえずブラウスを脱ぐ→ブラウスをシャワーで濡らし、虫を落とす作戦」
もう何がなんだかわからなくなっちゃって・・・。(泣く

とりあえずお風呂場に行き、ブラウスの最後の釦をゆっくり外す。虫との距離は、触れそうなぐらい…。
外し終わり、脱ごうとしたそのとき。

虫 が 動 い た ! ?  

 私「イ゛ェア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛!!!!!!!!!」  

必死にブラウスを風呂場に脱ぎ捨て、シャワーで濡らす。
しばらくアワアワしながらシャワーを当ててましたが、虫らしきものは出ず。
一応濡れたブラウスも掴みあげて確認しましたが、発見ならず。
どこかに飛んでいったのだろうか…。まぁいいや(笑う

そして夜。
そんな事も忘れてお風呂へ向かう。電気をつけると・・・。

入り口付近にいた。 


しかも体が潰れてる。しかも動いてる。
私はすかさずシャワーを手にとり、虫を流しました。
これで解決はしましたが、精神的にかなりダメージ受けました。

・・・とまぁ、こんなかんじです。ただ単に私がヘタレでビビリなだけかもしれませんが。

あ、そうそう。ちなみに、先月ぐらいにも全く同じ事がおきました。
同じ場所で風が吹くと同時に小さい蜘蛛が私の制服の中に。(幸い、ベストとブラウスの間でしたが)
そのときも必死でもがきながら自分の部屋まで猛ダッシュしました。


もういや(泣く
次はありませんように・・・

ふたえのきわみ・・・あ・・・

キワミ検証シリーズ・キワミMADが削除されている・・・だと・・・?
せっかく手書きFで再うpして盛り上がってたのに・・・orz
キワミマス、キワみそか、お正ガトツ、おもしろかった・・・な・・・・。
ええいっ!キワミはまだ終わっちゃいねぇってんだよおおおお!!!!
悪即斬検証なら、ペイント手書きでなんとか頑張れば再現できるかもしれません。
 悪即斬検証のシーンは幾つかペイントで再現済みなんで。
なにかキワミの力になれたらいいなぁ・・・

母の体験談

11月14日の母の体験談を、ちょっと話したいと思います。
霊感が強く、薄々というよりもハッキリ見えるタイプの母の話。

約10年前、母がいつものように仕事が終わり、駐車場へ車を停めて降りると中学1年生ぐらいの女の子が立っていたそうです。生きている人間ではない事は分かったらしいんです。
普段なら立ち止って驚くはずが、その時は何故か驚かずに安心して歩くことができたのです。
母は過去に今の長女と次女の間にもう一人子供がいたんです。いわば、私の姉といえるでしょう。
でも、死んでしまって流産してしまいました。その時の手術で出血多量で死にかけたとか。
母はすぐに「あ、あの子だ」と思ったそうです。(しかも生きていればちょうどあれぐらいの年齢だったらしいので)玄関の鍵を開けている時、後でどんな表情をしていたから分からないけど、会いに来たんでしょうね。きっと。母のお姉さんも、流産をしてしまって、その数年後に耳元で「ママ」と男の子の声が聞こえて、すぐに「ああ、あの子だ」と思ったそうです。

亡くなっていても親子だし、通じ合えたんじゃないんでしょうかね。
母が死に掛けた手術の時、夢?の中で綺麗な場所があって奥へ行こうとすると当時幼稚園児だった長女がいないことに気づいて長女の名前をずっと呼び続けたそうです。
その時、手術中の母の口からその名前が出て看護婦さんに「子供が待ってるんだから、早く戻ってきなさい!」と必死に声をかけられたところ、一命を取り留めたそうです。
もしあの時長女がいなかったら、母は今頃亡くなっていたかもしれないし今の姉も、私もいませんでしたね…。
改めて、母親を大事にしようと思いましたよ、本当に。

そして自分の『姉』に、ご冥福をお祈りいたします。
プロフィール

するめ

Author:するめ
お蕎麦食べろ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

バイオ4PROモード、鎧アシュリーを囮にしながらプレイ中。

ピクシブには過去ブログにのせた絵やCCOペディアに描いた絵をうpしています。ギャラリーです、はい。

斉藤ふさ子さんと斎藤一さん好きです。
二人とも強いですよね。歳ー、なのにぃ…(笑う

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。